サーバーがあると何ができるの?

こんばんは、

ぜんです。

前回の記事では

 

サーバーは使ってみることで理解が深まる
ということをお伝えしました。

とはいっても
なかなか借りるのに敷居が高いと思うのです。

私自身がそうでしたから。

ということで
もう少しサーバーについて
詳しくお話しますね。

 

 

では今日もいってみましょう。

 

 

今日のテーマは

サーバーがあると何ができるの? です。

 

サーバーあるとできることを

簡単に列挙してみると、

 

1 ワードプレスのブログを運営できる。

2 特典などファイルを配布する置き場所になる。

3 ドメインを取ってhtmlサイトを自由に作成できる。

4 メルマガの独自配信ができるようになる。

5 ツールを使うことできる。

 

1 はこのレベル3の目的ですね。

2 ですが、サーバーがあるとファイル等を
そこに置いておくことができ、
プレゼントなどをURLを教えることで相手の方に渡すこともできます。

3 ですが自分が取得した独自ドメインの下であれば、
何個もhtmlサイトを作成して公開することができます。

4 cgiというプログラムのメルマガ配信スタンドを
サーバーに設置することにより、
メールマガジンを発行することができます。

 

5 サーバー上で稼動させるツールが
有料で販売されていたり、
無料で配布されていたりするので

それを使うことができます。

 

ざっとこんなところですが、

私自身の場合、サーバーを持っていないことで

できないじゃん って思うことが多かったんです。

 

特典を配布したい

⇒ サーバーがないから大きな容量のファイルは渡せない

便利そうなツールが出た

⇒ サーバー設置なので使用できない

 

メルマガを出したい

特典配布したい

ツールを使いたい

などかなりの部分でサーバーを使うことが多いのです。

 

サーバーがないことのデメリットを強く感じた

 

これが私がサーバーを借りるきっかけとなりました。

 

サーバーの必要性を感じたときこそ
サーバーを借りるチャンスです。

 

本日もご訪問ありがとうございました~!

 

 

メールはお気軽に。

ぜんへのメールはこちらから 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガ発行中です。

ブログとは違う記事を書いている
ぜんメルマガ「ネットビジネス公園」

購読よろしくです!

メルマガ登録
メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer

あわせて読みたい関連記事

タグ


2012年7月1日 | コメント/トラックバック(4)|

カテゴリー:サーバー

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. こんばんは高山直人と言います

    ランキングから来ました

    レンタルサーバーがあるないではWordPressやMTなどの
    CMSが簡単にインストールできますし削除のリスクもそれだけ
    減るので私はレンタルサーバーに投資するべきだとおもいます。

    応援します

    • ぜん より:

      高山さん、こんばんは。

      無料ブログを使う限り、
      削除リスクやサービス停止のリスクは
      避けられませんよね。

      メインブログとして長く使うものには
      経費はかかりますがレンタルサーバーを
      借りた方がいいと私も思います。

      最初はちょっと思い切りが要りますけど。

      応援ありがとうございます。

  2. こんにちわ、ななです^^

    サーバーに限らずですが、「自分が必要性を感じてから」で
    いいと思うのです。

    とにかくそろえちゃうという方もいますが、
    体は一つしかありませんから、どれかが無駄になってしまいますものね^^;

    必要性を感じてから買うと、愛着もちがうし、
    そのことについて、ものすごく勉強しますしね^^

    サーバー、私はつかいこなされていないので、
    ちょっと、サーバーのこと、勉強したいと思います^^

    応援☆です♪

    • ぜん より:

      ななさん、こんにちは。

      >サーバーに限らず

      そうですね。

      教材にしても買ったはいいが、
      ほとんど読んでいないものもありますし、
      ツールも使っていないものがあります。

      手を出せば出すほど
      消化しきれなくなってきますね。

      強く必要性を感じてから
      手にするという考え方は、

      ひとつのものを大切にすることに
      つながると改めて気づかされました。

      応援ありがとうございます。


このページの先頭へ