借金完済

こんばんは、

ぜんです。

 

先月半ばのことでした。

 

親父が久しぶりに、
我が家に入ってきました。

 

普段は私がいない時に来るんですけどね。

 

そして何やら紙を見せてくれました。

その紙にはだいたいこんな文面が。

 

「残高が小額となりました。
次の支払いで完済となります」

 

借金の支払いの用紙です。

 

私は10年近く、親父の借金を払ってきました。

子どもの時からウチは貧乏で、
高校を卒業してから、

いったん地質調査の仕事をして、
浪人を重ね、それから大学に入学。

授業料は全額免除が3年ほど続きましたが、
後半では半額免除の扱いに。

 

支払期限当日に
なんとかお金を工面し、やっとこさ卒業。

 

それからも
給料の大半を借金の返済に充てていました。

 

一月に90万、50万、30万と
払ったこともあります。

給料日の翌日に
引き出された通帳を見ては、

 

失意とともに怒りが込み上げ
床に何度叩きつけたことか、、。

 

俺の人生は何なんだ!

 

少ない月でも
毎月17万程度は継続的に払ったので、
合計1000万くらいは十分にいきました。

 

私の汗水たらして働いたお金の
大半はレ〇クの元に消えていきました。

 

給料なんて20歳の時より安いのに。

まったく先の見えない生活。

貯金を切り崩し、
残りがほぼ0になっていました。

 

ギリギリのところで商材を購入し、
なんとかやりくりをしていました。

 

そんな時に先ほど借金完済のニュースが!

 

まだ少し残っているようですが、
でっかいのがやっと終わりです。

 

やっとこれで貯金ができる。
これから自分の人生が始まるんだ。

 

こんな思いです。

 

親父もさすがに、
私に会うのをためらいがあったようです。

 

 

時々あるでしょ。

金属バットで父親をどうのこうのと。

 

いつ私が勃発するかわからない。

少し警戒があったようです。

 

そんなことが起こってもおかしくないくらい、
辛い日々でした。

 

さすがそんな日々が続くと
慣れてはきましたけどね。

 

初報酬も出ましたし、

雑誌のせどりでの成果も出てます。

 

やっとこれから
やっていける気がしているんです。

 

ここで私から伝えたいことは、

辛い日々があっても
絶え続けていけばいつか終わる日も来ると。

 

もう終わりなんてないと思ってましたが、
終わりがついに来たんです。

 

ただ粘ること、

それだけでしたが、
それが大切なんですね。

 

俺はなんて親孝行な息子なんだ。^^

 

自分で自分を褒めて
この記事を締めくくりたいと思います。

 

本日もご訪問ありがとうございました ~!

 

人気ブログランキングに参加してます。

 

 

 

お問い合わせ

こんな初歩的なこと、聞いちゃっていいのかな?
ってなことでも遠慮なく、楽しく会話しましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガ発行中です。

ブログとは違う記事を書いている
ぜんメルマガ「ネットビジネス公園」

購読よろしくです!

メルマガ登録
メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer

あわせて読みたい関連記事

    None Found

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ぜんさん

    こんにちは、パワブロです。

    借金返済、おめでとうございます。
    実は私も親が借金を抱えて、一家自己破産したことがありました。

    その後も生活は苦しく、私がようやく就職したのに
    2年弱でリストラされたり…。

    いろいろ辛いこともありましたが、
    今はアフィリエイトで何とか生活できています。

    辛い日々が続いても、耐え続けていれば
    きっと終わりが来ますね。

    この記事が、経済的に苦しい方の励みになると良いですね( ´∀`)

    応援クリック!

    • ぜん より:

      パワブロさん、こんにちは。

      ずっと苦しかったですが、
      やっと重荷がとれた感じです。

      いつ底をついて
      首がまわらなくなるかと
      不安でいっぱいでしたが、

      耐え切りました。

      経済的に苦しい方は多いと思うので
      少しでも励みになればと思います。

      応援ありがとうございます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ