トライデントマーケティングに向いている人

こんにちは。

ついに貯金残高が1000円になった男、ぜんです。

今日は郵便局で、、、、

 

続きはあとがきで。

 

 

はい。

少し期間が空いてしまいましたが、
このところ何故か体調が優れなくて
体調管理に気を遣っていました。

 

常に充実した毎日を送るために
何をしていけばいいのかということを
考えながら身の回りのことを整理していました。

 

快適な生活を送らないことには
作業もはかどらないし、良いコンテンツもできませんからね。

 

ということで前置きはこれぐらいにして

 

トライデントマーケティングに向いている人

 

トライデントマーケティングをひたすら私は推していますが、
これに向いている人はどういう人かと考えますと

 

自分の方向性を見失った人

ということができます。

 

なんか嫌な表現ですけど、、、。

 

自分では頑張っているつもりなのに
いつの間にか、これから何をしていいのかわからないという状態になったりもします。
トライデントマーケティングの良いところは
この方向性を提示してくれるんですよ。

 

 

方向性って言葉は簡単ですが<
実際のところは難しいと思いませんか?

人生に置き換えてみるとわかると思うのですが、
人生の目的ってなかなか難しいですよね。

自分は何のために生きていんだとか。

小学生の時の自分の理想とする人生、
中学生の時の自分の理想とする人生、
高校生の時、大学生、社会人になった時、

自分の生きる目的って経験を積むにつれて
変わっていったり、見失ったり、します。

終わりもないですしね。これで完成という境地にはなかなか達せないですし。
その時々で判断し、決めていかないといけません。

 

アフィリエイトにしたって、ネットビジネスにしたって、
やり方はいろいろやりますが、
どのやり方を選ぶのかは自分自身なんです。

 

自分の進んでいく先を見据えることで
目標に向かって進むことができます。

ですが目標や自分の進んでいく先が見えないと
なかなか前には進めなくなってしまうんです。

寄り道したり、しんどくなってゆっくり休んでしまったり、

さぼってしまったり。
なんとなく時間を過ごしてしまったりと。

このトライデントマーケティングは
1つの方向性を示してくれるので、
この方向性が自分に合うならば、

他の王道教材と呼ばれるものに匹敵するぐらいの力があると私は思います。

 

 

いつの間にか方向性を見失ってしまったなと思う人は

手にしてみてはいかがでしょうか?

トライデントマーケティングのレビューと特典案内

 

 

 

あとがき

 

郵便局につくとおばちゃんが自転車をドミノ倒ししていました。

近くにいた人と私で自転車を立ててあげて、
一安心といったとこです。

そして他の銀行に送金し、残ったお金は1000円。

やべーよ。マジで。耐えしのげるか俺、
と意気消沈したところで
自転車に乗ろうとしていたら、

後ろでガシャーんと音がして
私の足に倒れこんできました。

後ろにいた若いギャルが近くの自転車を倒したのです。
「大丈夫ですか?ケガないですか?」 と話しかけてくるも

私は突然のことで

「おおう~。はい。大丈夫です」 として言えません。
若いギャルと仲良くなれるチャンスを逸しました。くぅ~。

でも心なしか少し喜んでいる自分もいたりして。

 

自転車が倒れたらまた立て直せばいいんです。

自分がいくら失敗しようが、またやり直せばいいんです。

私は何度でも立ち上がる自信だけはあります

 

今、うまくいってない人も
何度でもやり直すんだという気持ちで
一緒にがんばっていきましょう。

 

本日もご訪問ありがとうございました。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガ発行中です。

ブログとは違う記事を書いている
ぜんメルマガ「ネットビジネス公園」

購読よろしくです!

メルマガ登録
メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer

あわせて読みたい関連記事

    None Found

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. ぜんさん。

    初めましてゆうたんパパといいます。
    ブログランキングからきました。

    何度でも立ち上がる。

    そうですよね。

    諦めたらそこで終了ですからね。

    心に染みました。

    応援です。

    • ぜん より:

      ゆうたんパパさん、はじめまして。

      うまくいかない時があっても、
      何度でもチャレンジすれば
      いつか越えれますからね。

      頑張りましょうね。

      応援ありがとうございます。


このページの先頭へ